株式会社若竹 代表取締役 田口優英氏

photo01

470
川崎市に生まれる。高校を1年の時に中退。アルバイトで勤務していた「お好み焼き」や「ステーキ」などのチェーン店に就職。17歳で店長に昇格し、最年少記録を塗り替える。19歳で統括マネージャーとなるなど順調にキャリアアップしていくが、1997年に会社が倒産。3年間、恩返しのために社長の息子をサポートし、新会社を育て、退職。2000年4月、若竹「鶴見つくの店」創業。以来、年間1店舗ペースで出店を続け、現在15店舗。(3月に関内店オープン)神奈川県を中心に今後も店舗を拡大していく予定である。

インタビューページ:http://in-shoku.info/foodfighters/vol470.html


Leave Yours +

No Comments

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes